Workin(ワーキン)は地元でお仕事探しをしているみなさんを応援!|合同企業説明会について紹介

人事担当者のリアルな声が聞ける。適職フェアへ行こう!

会場での流れ

日時や会場は、その開催地によりさまざまです。各地の求人誌または求人サイトにある情報で、会場や開催日時を確認し、交通手段や自宅からどれくらいの時間がかかるかを調べておきましょう。受付時間を過ぎると入場できない場合もありますので、ご注意を。

会場に入場する前に、もう一度身だしなみをチェック!ネクタイが曲がっていないか?襟は折れていないか?髪は整っているか?・・・など、基本的なことは見ておきましょう。もちろん、スマートフォンや携帯電話の電源をOFFにしたりマナーモードにするなど会場での利用方法(※)に従いましょう。面接の最中はもちろんのこと、順番待ちや会場を回っているときも着信音を鳴らすのはマナー違反です。会場内でのメールチェックや検索操作等も利用を控えましょう。人事担当者があなたをみているのは、面接時だけとは限りません。気づかないうちに、会場内のあなたの何気ない行動を見ています。周囲の状況に気を配らず平気でマナー違反をしてしまうと、それが評価を下げる原因になっても何も言えません。友達同士での気軽なおしゃべりにも十分気を付けましょう。

※スマートフォン・携帯電話等のモバイル機器の利用については各会場で案内される注意事項に従ってください。

イメージ 受付(入場口)では、訪問カード(簡易履歴書)や会場パンフレットなどを手渡されます。訪問カードは、会場の記入コーナーで必要事項を洩れなく記入します。訪問カードに記入を終えたら、企業ブースへ。目指す企業のブースがどの位置にあるか、受付で渡された会場パンフレットで確認をします。ブースによっては待たされる場合もありますので、会場全体の状況をみながら効率よくまわりましょう。まわる順番はあなた次第です。目指す企業ブースをすべて訪問できるように時間を有効に使いましょう。

企業ブースを訪問そして人事担当者との面接が合同企業説明会での最大の目的!しかし、時間は限られていますし、他の来場者はあなたのライバルです。例えば、順番待ちの状態になったときは、さりげなく前の面接の状況を観察してみましょう。人事担当者からの質問の内容や応対を聞き、自分だったらどう答えるかシミュレートしておけば、焦ることなくレベルアップした面接ができることでしょう。また、人事担当者があなたの意見や質問を求めているときは、はっきりと発言・質問を行いましょう。
それから忘れてはいけないことは、面接者はあなただけではないということ。焦る必要はありませんが、できるだけ手短に、質問・情報交換をするように心がけましょう。会場内では無駄な時間など少しもありません。

あなたの街の求人情報サービスWorkin(ワーキン)がお仕事探しをお手伝いします。勤務地(都道府県・エリア)、職種、雇用形態を選んで検索すると、希望条件に合った求人情報が表示されているWorkin(ワーキン)の検索結果一覧ページにリンクします。


職業を選択 雇用形態
バナー
バナー
バナー
地元でのお仕事探しをする方法は、合同企業説明会だけではありません。地元密着の求人情報サイトWorkin(ワーキン)は、パソコンでもアルバイト・パートから正社員・契約社員、派遣などのお仕事を探すことができます。 合同企業説明会で手ごたえを感じた方も、あまり感じられなかった方も、ぜひパソコンから地元の求人情報を探してみてください。地元でお仕事探しをするあなたをWorkinはいつでも応援しています。