Workin(ワーキン)は地元でお仕事探しをしているみなさんを応援!|合同企業説明会について紹介

人事担当者のリアルな声が聞ける。適職フェアへ行こう!

適正フェアとは?

準備しよう

イメージ「気軽に入ることができる」ことがメリットのひとつであると言いましたが、GパンやTシャツにスニーカーなどラフすぎる服装は避けたほうがいいでしょう。また、寝癖のついた髪型では人事担当者はどういう印象をもつでしょうか?
合同企業説明会は、「仕事を探す」という平坦でない凸凹な道の中に「少しだけ歩きやすい道」が用意されていると考えてください。「気軽さ」は「お気楽」に面接をうけてよいという意味ではありませんので注意してください。
もちろん、スーツを着ていったからといって採用されるわけではありませんが、状況にあった服装を選び、清潔感のある身だしなみで訪問するのは基本マナーです。服装も髪型もシッカリきめて、会場にむかってください。

企業の人事担当者と直接話しができる

合同企業説明会に来場する場合に用意しておきたい持ち物について紹介します。どれも必ずいるというわけではありませんが(企業にもよります)、いざ必要になった場合に用意できているのとできていないのでは、評価に差がついてしまう可能性もあります。また、ほかに「必要かも?」と気づいたものがあったら、とりあえず持っていこうという気持ちで用意したほうがいいでしょう。準備は念入りに!

●筆記具
会場でまず訪問カード(簡易履歴書)の記入を求められる場合が多いです。会場で用意されている場合もありますが、たくさんの方が来場されている中での記入です。自分の筆記具(ボールペンなど)で手早く書き上げるほうが時間を有効に使えます。なお、履歴書は基本的に不要ですが、自分の経歴等を事前にとりまとめるためにも、履歴書・職務経歴書を一通ずつ用意しておいた方がいいでしょう。

●メモ帳・手帳
当日に質問したい内容や、自分の希望や現状などをメモにまとめておくと、人事担当者とのやりとりの場面ではスムーズに対応できます。また、面接時に聞いたことをメモしたい場合にも必要です。ただし、そのときの状況をみて必要ならば「メモをとって構わないか」を人事担当者に確認をするなど配慮しましょう。メモすることに集中しすぎて人事担当者の話を聞き逃すことのないように気を付けて!

●カバン
訪問した企業から書類や企業パンフレットを受け取った場合に必要です。合同企業説明会では複数企業が参加し、複数の企業へ訪問します。会場で企業ブースへ訪問するとき、前に訪問した企業の書類やパンフレットがむき出しのまま訪問しないように配慮しましょう。前に受けとった資料はカバンにしまい、気持ちも一旦リセットして次の企業ブースに訪問を!

●印鑑
不要な場合もありますが、まったく必要ないとも言い切れません。かさばるものではないので、念のため用意していきましょう。用意する場合、認印でかまいませんが、朱肉のいらないタイプは避けたほうがいいでしょう。携帯用の朱肉の用意も忘れずに。

あなたの街の求人情報サービスWorkin(ワーキン)がお仕事探しをお手伝いします。勤務地(都道府県・エリア)、職種、雇用形態を選んで検索すると、希望条件に合った求人情報が表示されているWorkin(ワーキン)の検索結果一覧ページにリンクします。


職業を選択 雇用形態
バナー
バナー
バナー
地元でのお仕事探しをする方法は、合同企業説明会だけではありません。地元密着の求人情報サイトWorkin(ワーキン)は、パソコンでもアルバイト・パートから正社員・契約社員、派遣などのお仕事を探すことができます。 合同企業説明会で手ごたえを感じた方も、あまり感じられなかった方も、ぜひパソコンから地元の求人情報を探してみてください。地元でお仕事探しをするあなたをWorkinはいつでも応援しています。